• 脱毛機の種類や施術方法

    サロンやエステなどで使用されている脱毛機は、いくつかの種類に分けることができます。



    メラニン色素に反応する特殊な光を発生することで、お肌にはほとんどダメージを与えずに、毛だけに施術効果を発揮できるというメリットがあります。



    光を照射することで、脱毛できるので、短時間で広範囲の施術ができるというメリットがあります。
    また、光だけでなく、お肌に塗るジェルとの相乗効果で施術するという脱毛機もあります。
    お肌への刺激が少なく、やさしいという特徴があります。



    最近は、日本製のものも多く登場して、日本人のお肌に合った脱毛が可能になっています。

    そして、脱毛はしたいけれども、痛みが心配で申し込むことができないという人がいます。そのため、痛みを軽減するための脱毛機も開発されています。


    痛みを感じるのは、光が毛根に作用する際に熱を発生するためです。
    吸引しながら脱毛することで、お肌を引っ張り、必要な個所に最低限の光を照射して効果を高めるという方法で、痛みを軽減できます。
    発生する熱を抑えるために、冷却しながら施術をするという脱毛機もあります。脱毛というと、どこで受けても同じように感じますが、実際は使用する脱毛機により特徴があることが分かります。


    多くの場合、メラニン色素に反応するように作られているため、日焼けしたお肌には毛との区別ができず、照射ができなくなってしまいます。どのようなお肌でも施術ができるように、メラニン色素に反応しないように作られたものもあります。